×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

筑波4時間耐久レース

2003千代川4時間耐久サイクルin筑波です!

・2003/10/11 4時間耐久 2人組み
 茨城県の筑波サーキットで行われた”千代川4時間耐久サイクルin筑波”というレースにI田さんと参加して参りました。参戦するクラスは男子2人組、4時間耐久、ロードです。筑波サーキットといえばスーパーカークイズだと、移動中の車の中でI田さんと盛り上がったのでした。カウンタックがぶいぶいいわせて筑波を走っていたのが懐かしいなぁ。今回のレースは事前にこのサイトをご覧になったOさんにいろいろとメールで情報を頂きました。大感謝です!ちなみにOさんもCANNONDALE乗りで、今回のレースに参加されます。是非お会いしたかったのですが、探せませんでしたよ。。とほほ。
 レースは午後6時スタートで午後10時ゴールです。ということは、真っ暗なのであ〜る。TIの耐久と同じです。今回はレギュレーションでテールライトが義務付けられています。筑波サーキットは全周2kmで日本海間瀬サーキットと同じ規模です。ただほとんどアップダウンがないのでこぎ続けないといけません(走りながら休めない)。
 九州ツーリングでメットを壊してしまったので、今回から新しいメット↓を投入しました。なかなか良いんじゃないの〜。

 
ニューメット                       我々のピット(スペアタイヤ有!)

 今回のレースで使用するセンサーはかなりごっついものです。思いっきり前に飛び出ています。これ付け難いんだよなぁ。周りの出場慣れしたチームはテントなどをはって、暖かそうにしています。うちらのピットはいつも通りザ・ブルーシートでございます。


このニョキッとしているのがセンサー      周りはわいわいムード

 
我がチームの作戦はいつも通り、30分交代です。スタートはI田さんでゴールは私という、これもいつも通りです。試走を終え、スタートラインに向かいました。スタートは半分ルマン式みたいな感じで、コースの両脇にゼッケン順に並んで、一斉にスタートしました。


スタート前 I田さん                 スタート前風景

 250人のスタート後、I田さんはなかなか順調に周回をし、私に交代。私はというとなかなかペースが上がらない。I田さんにバトンタッチしてから自転車を見ると、おいおいリヤタイヤ、ブレーキ引きずっているじゃないか。。。なにしてるんだぁぁぁ。すぐに直し、2回目の走行へ。これがなかなか順調でした。そこそそ速い集団に入って、ローテーションにも加わり、速度をキープしました。3回目は2回目より大きな集団で走るも私が引きっぱなし。。。。おいおい。後ろの人達に”前に出て”と合図しても、誰も出やしない。。いつも4番目くらいにいるビアンキのクロスバイクの人が痺れを切らして前に出てくれて感謝感激なのですが、いかんせんクロスバイクなので結局また私が前に出てしまって、ペースがなかなか上がらんし、体力は消耗しまくるし。もっと鍛えて、逃げられる位のエンジンを作らなくては!!で、ラストとなる4回目の走行では足は回らんし、最悪にも走行中にセンサーが落ちてしまい、それが思いっきりコースライン上だったので拾えず、THE END。ゴールできませんでした。。I田さん、すいませんでした。とにかく、このセンサー、めちゃくちゃつけにくかったさ。最後は応援みんなでコースに出て、ライダーを迎えるという粋な計らい(これは感動的ですよ)。そのころ、そんなことも知らない私はピットで片付けをしてました。。ちなみにOさん情報によると、夏の8耐ではゴール後に花火があがるそうですよ。


走行シーン(暗!!)               ピットレーン&メインストレート

 Oさんはしっかりクラス別4位に入賞されてました!おめでとうございます。パチパチパチ!今回のレースは256台中約200台(ほとんどだ)がAVE.30km/h以上というなかなか厳しいレースでした。

・結果・
センサー脱落してDNFですが、周回数から最終結果は以下の通り
82台中26位 (総合256台中52位) AVE.約36km/h