×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TIミッドナイト耐久レース

TIミッドナイトエンデューロ(4h)レースです!

・2004/7/11 4時間耐久ミッドナイトエンデューロレース
 今回は岡山TIサーキットでの耐久レース(第2回 MIDNIGHT ENDURO in TI Circuit AIDA)に参戦しました。前回の参戦ではI田さんと組み、4時間耐久にチームで参戦し3位入賞と言う相性の良いコース。ちなみに今回はソロのクラスに参戦です。このレースはスタートが夜8時でゴールが夜の12時という真っ暗闇の中、行われます。ちなみに10時間耐久も併催されます。事前にサイスポで前回の様子が特集されていたせいか、前回よりかなり多い方がエントリーされていました。
 会社関係の友人のI田さんとU川さん(今回初レース)と私の3人で、朝9時に岡山目指して出発。I田さんはフルカーボンのKUOTA、U川さんは私の通勤車ビアンキ号に乗ります。

 
I田さん                        U川さん

 岡山地方の天気予報によると、曇り時々雷、午後9時は強雨とのこと。しかし岡山が近くなっても一向に雨が見られない。これは良いんじゃないの!と思いながらホテルにまず向かいました。サーキットの近辺にホテルがないので、一番近いと思われる相生駅前のビジネスホテルにチェックイン。それから5時にサーキット入りしました。丁度、この頃から雨がぱらつき始め、駐車場に着く頃にはかなりの勢いで雨。やっぱ降ったか。。。
 が試走が始まることろには雨も止み、どうにか雨無しのコンディションで臨めそうだ。もちろんコースはびちゃびちゃなので、やや走りにくい状況では有りました。

 
雨が降り出した。。                  簡易ピット

 
下りまっせ〜                    上りまっせ〜

 スタート時には当然真っ暗。今回はテールライトの装着が義務。これは実に良いことです。夜のレースで前方の自転車を確認するのに、正直フロントライトはあまり役に立ちません。

 4時間、10時間混走でスタートです。全チーム数は約270チームで、スタートで良い位置にいることが重要と考え1番前に陣取り、スタート。とにかく最初はトップ集団に入る。10人弱で快調に飛ばし、ペースも悪くない。3周目くらいから心拍も落ち着き、このままいけるかななどとニヤリとしながら周回を重ねた。しばらくすると、チーム参戦の人達が選手交代をしてきて一気にペースが上がり、これには流石についていけず、ゆるゆる脱落。脱落しても、チームで選手交代したフレッシュな人が後ろから続々来るので、上手く小集団を作れれば、ペースは維持できます。何回か声を掛け合いながら、集団を作りローテーションしました。私と同じ愛知からの参戦の方と話をしながら走ったり、同じクラスの人と走ったり、無言でローテーションしたりいろいろな集団が出来ました。3時間を過ぎた頃からだんだんペースが落ちだし、とにかく同じクラスの人だけには抜かれるわけにはいかんと、そこだけに集中して走りました。
 このレースはリカンベントや車椅子の方々、たまに子供といろんな方と混走でしたが、テールライトのおかげで安全に走れました。逆にたまにライトつけてない方がおり、めちゃくちゃ見にくかったです。
 最後はお決まりの無用な1人ダッシュをかまし、ゴール(したつもり)。ゴールライン通過時にチェッカーフラッグをふられたのでゴールしたかと思ったのですが、どうも4時間の10秒くらい前?に通過した様で、もう一周レースは続いていたのに、そんなことに全く気付かず、乳酸抜きだとの〜んびりもう1周してピットに入ったのであった。ちなみに、この周は通常の2倍くらいのタイムでした。とほほ。

 周回数は去年のソロ優勝者のラップ数+2ラップでした。

 
表彰式                       レース中はこんな感じの暗さ

 
相生駅前にて(お疲れ様でした)         行ってきま〜す


 ・結果・
4時間 ソロオープンの部 
33台中5位 (総合順位 87台中12位) 37周 平均速度33.3km/h