×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シマノ鈴鹿ロードレース

2004シマノ鈴鹿ロードレースです!


シマノレーシング

・2004/8/28 2時間エンデューロ2人組
 今年の夏は台風が沢山来た。特にこの日は今年最大級の台風が日本上陸中であり、最高に鬱なのである。もう前日から天気が気になって仕方がない。気にしても仕方がないのはわかるのだが、大人数で走るレースなので雨、長距離なので風は嫌なのでした。幸いにも雨は降らなかったものの、風は吹きまくっておりました。
 シマノ鈴鹿レースは国内最大級の自転車レースの祭典で、のべ約10000人が参加します。また最終日に外国人を含むトッププロレーサーによるレースもあります。


駐車場は自転車を積んだ車ばかり

  今回は去年に引き続き、2時間耐久2人組にI田さんと参加です。作戦としては始めの1時間は私が集団でいける所までいき、I田さんに交代するというもの。2時間耐久は他に3人組、4人組も同じに走り、レース中は600台近くでコースが埋め尽くされます。我々のチームはゼッケン6なのでスタート地点では最前列なのであった。後ろを振り向くと、自転車の嵐。こういう時は前方でレースを展開した方が安全でございます。

 
スタートライン                   激混みのピット

 スタート後、とにかく前から10台以内をキープするように心がける。1周目は4位くらい?で戻ってきた。計測ラインを通過する時、2台くらいが動いた。1周目のラップを取りたかったみたいです。私もアドレナリン全開だったので動きかけましたが、じっと我慢。なにせこれから1時間の道のりですから。他のチームは大方20分か30分交代ですので、結構レース中も動く方が多いこと。その分楽しく走れました。

 
4位通過/660台                   I田さんに交代

 2周目にかかると3人組、4人組の人達が集団にからみ出し、人数がかなり増える。3周目に入ると、驚くほど多くの方がピットイン。一気にトップ集団の人数が減る。が、3周目の後半になると、各チームの活きの良い交代した選手が加わり集団が活性化。そんなことを10〜15人で繰り返しながら走ったものだから、ペースは一向に下がらない。結局、1時間くらいで7周し、I田さんと交代。多分AVE40km/h位だったと思われます。

 
激走I田さん                    入賞でポーズ

 後は、I田さんの激走+最終ラップのもがきまくりで10位に入賞。今年初のチームでのレースでしたが、なかなか楽しめました。

・結果・
2時間エンデューロ2人組 
214台中10位 AVE.36.6km/h  公式結果はこちら



ところで国際ロードで写真を結構撮っちゃいました。
 
TOJ総合優勝の福島晋一選手         オリンピック出場 飯島選手

 
愛三の坂口選手かな?             ポーカーフェイス阿部選手


一生懸命ひくミヤタ軍団