×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日間賀島耐久レース

日間賀島公道レースです!

・2003/5/24 走行距離120km 最高速度 時速50.0km 日間賀島
 CANNONDALEを購入後初のレースである。先週、シェークダウンで琵琶湖を一周(150km)し、サドル、ペダル関係のセッティングをして今回のレースに臨みました。このレースは正式名称”市民サイクルパラダイスin日間賀島”で、日本では珍しい公道を閉鎖して行われるもので、今回が第1回とのこと。名称からわかる通り、愛知県知多半島の先端にある日間賀島周回路約3.6kmを使用して行われました。ほぼ平坦なコースで一部に小規模な丘が含まれています。2時間と4時間の耐久レースです。
 我々は今回3チームで4時間耐久レースに臨みました。といってもそんな偉そうなものではなく、職場の周りの人達を誘っただけです。私はツーリング仲間のI田さんと、それからインド人チームのサダワルテさん&マンゲーシュさん、インド人と日本人混成チームのD免さんとバンソードさん。サダワルテさんは将来、インドに帰ってから自転車設計事会社を作りたいと考えるほどの自転車好き。過去には台湾の国際自転車設計コンペで入賞した実績あり!

 
レース前のフェリー乗り場にて          フェリー上にて(日間賀島&バンソードさん)

 フェリーにて日間賀島に上陸。サンライズビーチにあるピットエリアまで歩いて向かった。まさに砂浜である。早速昼飯を食べ、試走に向かった。が、すぐにドライバーズミーティングが始まるため、一周で終了。主催者指定のフェリーに乗ると、こうにしかならん。もっと走りたかったべ。
 13時にレース開始。NHKがヘリでスタートシーンを上空から撮影していました。我々のチームは、最初私が乗って30分交代で4時間走ることにした。スタート直後どうにかトップ集団にくっつくことができましたが、あえなく引き離されはじめました。集団で走っているとかなり楽なのですが、単独になると空気抵抗が多く、やはりしんどい。どうにか4周走って、I田さんに交代。とにかく富士の時もそうでしたが、1回目の走行はかなりきつかったです。事前の試走で沢山走って体を慣らしておかないととまたも感じたのであった。次回のTIのレースでは出来るだけ試走で走らなくては。
 2回目以降は足をつりかけて、伸ばしながら走ったりしました。良いペースの集団を見つけては、ぴたっとくっついて走るよう心がけました。それから今回はケイデンスを80以上になるよう意識しました。
 私のチームの目標は全体の4分の1以内でフィニッシュすること。つまり46チーム中12位以内ということにしました。結果としては1時間経過の時点で13位、最終順位も46チーム中13位でした。3時間経過時点で12位と1ラップ差がありましたが、最終的には2分差。5分差くらいを縮めたことになりますが、抜けませんでした。。。。とほほ。
 で、4時間ソロ、チームとも私がお世話になっている自転車屋”まるいち”のチーム員の方々は上位に沢山入賞してました。皆さん速かった。まるいちの皆さんは、どうも民宿”丸一”に泊まってたみたいです。偶然??
 とりあえずは私は次回TIサーキットでの耐久レース(6月)で4分の1に入りたいです。。雨降らなきゃいいんだけど。。

 
スタート地点(レース前)               I田さん

 今回のレースでは主催者の方々にはインド人に配慮してか、レース中インド風の音楽をBGMでかけたり気を遣ってもらっていたみたいです。インド人参加者達も、沿道から結構応援を受けていたみたいで楽しんだとのことでした。

 
激走1 バンソードさん               激走2 サダワルテさん

 
D免さん&バンソードさん(INDY500)      マンゲーシュさん&サダワルテさん(MACH TWINS)

レース前の元気な二人
私&I田さん(Team R142A)

 今回、初めてSPDペダルで参加しましたが、ピットで片方はめた状態でI田さんを待っている時に、立ちごけするという恥ずかしい姿を披露してしまいました。ははは。

 ・結果・
4時間チーム男子の部 
Team R142A 46台中13位 30周
INDY 500   46台中38位 24周
MACH TWINS 46台中41位 22周

公式HP結果はこちら

皆様、お疲れ様でした。


俺。。死にかけ。。後ろの人セクスィ〜。。