×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TIサイクル耐久レース

TIサーキット耐久レースです!

・2003/6/29 走行距離71km 最高速度 時速58.0km
 今回はTIサーキットを舞台とする2時間耐久レース(天満屋ハッピータウンカップ2003)で、I田さんと組んでの参戦になりました。I田さんは今回は私のビアンキでの参戦になりますが、先日TESTACHを注文!次回の8月のTI耐久にはニューマシーンでの参戦になることになると思います。前回の日間賀島で目標とした全体のトップ1/4という順位にあと一歩で及ばなかったので、今回は気合を入れてトップ1/4を目指すという目標を作っての参戦です。
 当日は6時サーキット入りですので、前日兵庫県の相生で一泊し、朝4時半起きでTIに向かった。梅雨の時期なのになんと今日だけはピーカンの晴れ!良かった。雨だけは避けたかったので。。
 TIサーキットは言わずとしれたF1も開催したことのあるサーキットで、コースレコードホルダーはアイルトンセナという点も見逃せないところ。一周は3.7kmで高低差29m、メインストレートの登り勾配は1.08%です。ほぼフラットで非常に走りやすいコースです。

 
メインストレート                   即席ピット

 サーキットに入りパンフレットをもらって読んでいると、なんと我がクラスは5チームしか参戦しないではないか!!トップ1/4と言うことは優勝しか目標をクリアできません。。いきなりそれはしんどいなぁと思いつつも、自転車の準備をし、早速コースの試走に入る。”意外とフラットだ。。”ちなみに今回のレースは正規の周回方向とは逆周りになります。
 チームの作戦としてはまず私が走り、一回目は4周で交代。I田さんも走った後は残り時間と様子を見て、2回目の周回を決めることにした。スタートは6時間耐久クラスからで、直後に2時間クラスがスタートしたのですが、予想通り大渋滞に巻き込まれ、1周目はうまく避けるのが大変でした。

 
スタート前。この後メインストレートに移動    で、メインストレートは大混雑

 なかなかスタート速全開と行けないのが毎度の展開で、1回目はしんどいレース運びになりました。みんななんで最初から全開でいけるんだろうか。。

 
単独走行の俺。しんどい              I田さん

 2回目は多分5周くらいで入るつもりでコースインしました。運良く後ろからトップ集団が来て、それについていこうとすると、意外と行けるではないか!ということで予定よりちょっと多めの周回でトップ集団で走りました。スピードは結構速いんですが空気抵抗が少ないので断然楽です(ついていければ)。バックストレートなど漕がなくても時速48kmくらいは出てました。


トップ集団(シングル)で走る。速いけど笑顔!周りは笑ってないな。。

で、結果はというとトップは無理でしたが2位でした。なんとなぜか入賞と言うことでお立ち台に立つことが出来ました。1/4は無理でしたが、なにか複雑な感じです。まあ、終わり良ければすべて良しとしましょう!しかもいっぱい賞品もらえたしね。


2位でお立ち台。。正直気持ち良いかも。。。。。

3時間耐久には琵琶湖でご一緒したY田さんが参戦。私が帰る頃3位争いをしていたけどどうなったのかな?


Y田さん(スタート前)

帰りは美作町湯郷温泉にゆっくりつかっていったのであった。気持ち良かった。やっぱ運動の後は温泉だね。

 ・結果・
2時間オープンチームの部 
Team R142A 5台中2位 19周 平均速度 時速33.2km

公式結果はこちら